マネタイズ

MUSIC/SLASHならば、
初期費¥0 から配信可能。
大切なのは、
ファンが聴きたくなる
コンテンツ・企画です。

MUSIC/SLASHは、従来のライブ配信サービスが提供するビジネスモデルとは異なります。
イベンター/プロモーター様が、実際にライブ興行を起こす流れによく似ています。
大手映像配信サービスが、広告収入による広告主からの収益と還元を元にするのではなく、ファンの皆様がチケットをご購入いただいたチケットの売上から、配信にかかる費用、出演費、会場費などライブ制作費が補填されます。
つまり、予め決められたチケット販売枚数を売り上げれば、MUSIC/SLASHに支払う費用は実質負担は¥0になります。

いかにファンの皆様が聴きたくなる企画であるか、アーティスト、ミュージシャンの魅力を引き出せる公演であるかが重要になるわけです。

MUSIC/SLASHならば、煩わしい著作権申請もMUSIC/SLASHがサポートいたします。 手続きに関わる費用、著作権使用料もチケット売上から賄われるため、別途ご用意いただく必要はございません。

チケット売上費 チケット売上費

※ 画像を横にスクロールしてご確認ください。


新しいライブの楽しみ方を、
MUSIC/SLASHと共

コロナウイルス収束後、観客動員ライブが再開できるようになってからも、 MUSIC/SLASH を活用して、ライブの新しい楽しみ方が提供可能です。
リアルな会場のライブと、ネットへの同時ストリーミング配信はもちろんのこと、ライブ実施後に収録データを編集し、MUSIC/SLASH上でオンデマンド配信し追体験。
臨場感、空気感を伝える高品質のストリーミングにより、会場の制限によりその場に行けなかった人、現場で体験した人も、MUSIC/SLASHでの追体験が可能です。

リアルなライブと、MUSIC/SLASH オンデマンドによる公演をセットで販売したり、音楽を心から愛するアーティストとファンを結ぶ、新しいライブエンターテイメントを実現いたします。

配信するコンテンツも音楽のみならず幅広くサポートいたします。


高音質・著作権保護機能を搭載したライブ配信をご検討の方は、お気軽にお問い合わせください。